産経ニュース

【衆院選】豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う

支持者と抱き合う埼玉4区の無所属、豊田真由子氏=22日午後、埼玉県新座市(草下健夫撮影) 支持者と抱き合う埼玉4区の無所属、豊田真由子氏=22日午後、埼玉県新座市(草下健夫撮影)

 記者から出馬の理由を改めて問われると、「地元と国のため役に立ちたいという強い思いで、もう一度やらせていただきたかった」と話した。

「天と地ほども違う選挙」

 連日街頭に立って騒動について謝罪し、社会保障の充実などを訴えたが、再出発はかなわなかった。無所属となったことについて「厳しい戦いでした。政党も団体もバックアップのない状況。ボランティアとスタッフの草の根の手作りの選挙戦で、私を支えてくださって」と語ったところで言葉に詰まると、涙を流し始めた。

 「今までの2回とは全く違う選挙で、天と地ほども違う」と選挙戦を振り返る豊田氏。「その中でいろんな状況で身を粉にして応援してくださったスタッフやボランティア、こんな私に投票してくださった有権者の方に、力及ばず申し訳ないという気持ちしかない」

暴行・暴言問題の影響「あった」

 力不足の具体的な要因を問われると、「いろいろな意味を込めての力不足。まず無所属で、何ら党や組織の応援もないこと自体ももちろん原因。スタートがまず、大変だった」と答えた。さらに「この5年間やってきたことや、これからやっていきたいことはいろんな場面でお話しさせていただいたつもり。けれども有権者の方が、これまでのことも含め判断されたことで、私の力が足りなかったことだと思う」と説明した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う
  • 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う
  • 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う
  • 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う
  • 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う
  • 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う
  • 豊田真由子氏は最下位 得票数は前回の4分の1の2万票 支援者らと涙流し抱き合う

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング