産経ニュース

【衆院選】神奈川12区 「草の根」で阿部知子氏が制す

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
神奈川12区 「草の根」で阿部知子氏が制す

阿部知子氏(酒巻俊介撮影) 阿部知子氏(酒巻俊介撮影)

 希望新人、自民前職、立民前職が出馬した神奈川12区で、三つどもえの戦いを制したのは立民前職の阿部知子氏(69)だ。午後8時半ごろ、藤沢市の事務所に入り、雨の中を集まった支持者らと開票速報を見守った。

 深夜零時前に当確が報じられると、支持者と手を取り合って喜びを分かち合った。万歳三唱をした後、「草の根の民主主義の勝利。市民の力が私を押し上げてくれた」と感謝の言葉を述べた。

 かつて社民党で政審会長を務めた阿部氏。衆院解散後、民進党の希望への合流問題で揺れる中、立民結成にいち早く参加し、共産の協力を得て革新票をまとめたことが功を奏した。

 選挙戦では「立憲主義」と「平和」を掲げ、立民の枝野幸男代表や岡田克也元外相が応援に駆け付けた。保守層を固めた自民前職と激しく争ったが、立民躍進の勢いに乗って振り切った。

「ニュース」のランキング