産経ニュース

【衆院選】宮城6区 自民前職・小野寺五典氏 本人不在も盤石

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
宮城6区 自民前職・小野寺五典氏 本人不在も盤石

本人不在の選挙戦で当選確実の一報を受け、今後に向けて「がんばろー」と拳をあげる宮城6区の自民・小野寺五典氏陣営=22日、宮城県気仙沼市 本人不在の選挙戦で当選確実の一報を受け、今後に向けて「がんばろー」と拳をあげる宮城6区の自民・小野寺五典氏陣営=22日、宮城県気仙沼市

 北朝鮮有事に備え、防衛相として地元入りできなかった宮城6区の自民前職、小野寺五典氏(57)。宮城県気仙沼市の小野寺氏の選挙事務所では、全国で最初に小野寺氏の当選確実の一報が流れたテレビの選挙速報を見た支援者らから、「おぉー」という歓声が上がった。

 過去5回の衆院選では圧倒的な強さだったが、今回は初めての本人不在の選挙戦。しかし、終わってみれば、前回までと遜色ない盤石の戦いを繰り広げた。

 後援会の石川雅治会長(57)が「これからも地域、国のため、ふるさとの復興のため、全力を尽くしていく」とする小野寺氏のメッセージを代読すると、支援者らは「がんばろう」と拳を振り上げた。

 事務所に駆け付けた気仙沼市の警備員、佐藤仁さん(57)は「本人が不在でも、一生懸命な姿を見ていたのでみんな応援した。北朝鮮や震災復興の問題に取り組んでほしい」と話した。

「ニュース」のランキング