産経ニュース

【衆院選】自公の「優勢」伝わる中、幹部ら深夜まで情勢見守る 公明党本部

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
自公の「優勢」伝わる中、幹部ら深夜まで情勢見守る 公明党本部

当選確実の候補にバラをつける公明党の山口那津男代表。左は井上義久幹事長=22日午後、東京都新宿区の公明党本部(飯田英男撮影) 当選確実の候補にバラをつける公明党の山口那津男代表。左は井上義久幹事長=22日午後、東京都新宿区の公明党本部(飯田英男撮影)

 自公与党の優勢が伝えられる中、東京都新宿区の公明党本部で各社のインタビューに答えた山口那津男代表は「与党に支持をいただき健闘した。(野党が)分裂して評価が分散し、政権選択とはなり得なかった」と振り返った。当選確実が伝えられるたび山口氏は幹部らと握手。笑顔で候補者の名前を記したボードにバラを貼り付けていた。

 東京都議会で自民とたもとを分かつ一方、国政は自公連立を堅持する現状について、山口氏は「東京五輪・パラリンピックを成功させる責任がある。国と協力し、都政は議会や小池(百合子)都知事と協力し一貫している」と強調。改憲勢力との指摘には「改憲を否定していないが、自民党でも考え方が分かれている」と応じた。

「ニュース」のランキング