産経ニュース

【衆院選】「えっ投票できないの?」区割り変更 東京・池袋の百貨店でも戸惑いの声 期日前投票

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
「えっ投票できないの?」区割り変更 東京・池袋の百貨店でも戸惑いの声 期日前投票

西武池袋本店に設置された12区の期日前投票所=豊島区(植木裕香子撮影) 西武池袋本店に設置された12区の期日前投票所=豊島区(植木裕香子撮影)

 都内25選挙区のうち21選挙区で区割りが変更された今回の衆院選。区全域が東京10区だった豊島区では、一部が東京12区へ移行。これに伴い、JR池袋駅(同区)に直結する2つの百貨店に設置された期日前投票所もそれぞれ10区と12区に分かれることになった。百貨店では、区割り変更で期日前投票所が変わった同区民や、東京10区に含まれる中野区民らが投票できずに戸惑う姿が見られた。

 「えっ。ここでは投票できないの?」。12区の期日前投票所が設けられた西武池袋本店。10区の地域に住む豊島区の主婦(69)は、区職員から投票できないとの説明を受け、驚いた表情を浮かべた。「もっと具体的にわかりやすく投票所を周知してくれればいいのに…」。主婦は疲れた表情で、10区の期日前投票所がある東武百貨店池袋本店へと向かった。

 一方の東武では、今回の衆院選で、一部の地域が10区に含まれる中野区に住む自営業の男性(82)が、期日前投票できずにいた。「同じ10区でも豊島区民でなければだめらしい。何のために来たのか」。意気消沈した様子でその場を後にした。

 豊島、中野両区の選挙管理委員会は区ホームページで期日前投票所の情報を掲載するなどしているが、「区民からの疑問や不安があれば電話でも対応する」などと話している。

「ニュース」のランキング