産経ニュース

空自ヘリ墜落、短時間にトラブルか 5分前の交信内容に異常なし

ニュース 政治

記事詳細

更新


空自ヘリ墜落、短時間にトラブルか 5分前の交信内容に異常なし

浜松救難隊のUH-60J救難ヘリコプター=静岡県浜松市の航空自衛隊浜松基地(彦野公太朗撮影) 浜松救難隊のUH-60J救難ヘリコプター=静岡県浜松市の航空自衛隊浜松基地(彦野公太朗撮影)

 航空自衛隊浜松基地(浜松市)のUH60J救難ヘリコプターが基地沖合に墜落した事故で、乗員4人の捜索に当たっている空自や海上自衛隊は18日、乗員のヘルメットや靴などを発見した。空自によると、当日の飛行前点検や消息を絶つ5分前の交信内容に異常はなく、短時間に何らかのトラブルが起きたとみられる。

 空自によると、ヘリは17日午後5時51分に浜松基地を離陸。同57分、空自の管制機関と通常のやりとりをしたのが最後の交信となり、緊急事態が起きたことを知らせることがないまま同6時2分、浜松基地の南約30キロの海上でレーダーから消えた。ヘリは平成27年10月に空自に配備。今年8月末の定期点検でも異常は見つからなかった。

 小野寺五典防衛相は18日、空自百里基地でのF4戦闘機の出火も踏まえ、「国民に大変心配をおかけしている。再発防止に努力していきたい」と語った。

 また、空自は同日、すでに発表していた機長の花房明寛3等空佐(42)以外の3人の氏名を、操縦士の杉本英昭3等空佐(46)▽機上整備員の吉田貴信2等空曹(40)▽救難員の井上雅文3等空曹(32)-と発表した。

「ニュース」のランキング