産経ニュース

【衆院選】ロイター通信「過疎地域は自民党の重要な支持基盤」 群馬県南牧村のルポ配信

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
ロイター通信「過疎地域は自民党の重要な支持基盤」 群馬県南牧村のルポ配信

群馬県南牧村の衆院選ポスター掲示板(ロイター) 群馬県南牧村の衆院選ポスター掲示板(ロイター)

 ロイター通信は17日、「消滅可能性が最も高い村」と民間シンクタンクに指摘された群馬県南牧(なんもく)村のルポを配信し、衆院選をめぐり、過疎地域は「自民党の重要な支持基盤」と伝えた。

 記事は「群馬県は長く自民党の拠点で、小渕恵三氏ら4人の首相を輩出した」と紹介。

 取材を受けた南牧村に住む73歳の男性は「僻地の住民にとっては、災害のときの支援などで中央との強いつながりが必要」、長谷川最定村長は「人口減少対策は1年くらいではできない。政権が代わると、それまでの政策を否定する傾向があるが、それは怖い」と話した。

 別の村民は「変な物(北朝鮮の弾道ミサイル)が飛んでいる。それが落ちたら人口減少問題どころではない」と、安全保障での自民党政権の対応に期待した。

このニュースの写真

  • ロイター通信「過疎地域は自民党の重要な支持基盤」 群馬県南牧村のルポ配信
  • ロイター通信「過疎地域は自民党の重要な支持基盤」 群馬県南牧村のルポ配信

「ニュース」のランキング