産経ニュース

【衆院選】20歳以下に聞く 原発への賛否拮抗 切実感ない教育無償化  

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
20歳以下に聞く 原発への賛否拮抗 切実感ない教育無償化  

衆院選は折り返し。雨の選挙サンデー、傘を差して街頭演説に聞き入る有権者(画像の一部を加工しています=吉沢智美撮影) 衆院選は折り返し。雨の選挙サンデー、傘を差して街頭演説に聞き入る有権者(画像の一部を加工しています=吉沢智美撮影)

 「18歳以上」に選挙権年齢が引き下げられてから、初めて迎える衆院選。選挙戦も折り返し、静岡県内の20歳以下の若者に「投票に行くのか」「原発ゼロ政策をどう思う」「教育の無償化」「北朝鮮有事への対応」-について数十人の声を拾ったところ、複数の党が掲げる「原発ゼロ」政策への賛否は拮抗(きつこう)し、教育無償化には大半が賛成したが切実感はなかった。投票行動では多くの若者が前向きな姿勢をみせた。(衆院選取材班)

 ■原発政策 「必要」または「活用する」▽原発ゼロを目指す▽分からない-がほぼ同数で“三極化”。沼津市の女子高校生(18)は「安全対策をきちんとすれば、稼働させた方がいい。廃止は現実的でない」との立場。一方で、浜松市の女性会社員(18)は「原発なんていらない。危ない」と考える。富士市の男子大学生(20)は「原発のおかげという地域もある。少しずつ減らせばいい」と段階的な削減を主張する。

 ■教育無償化 回答者の過半数が学生だったにもかかわらず、切実な必要性はあまり聞かれなかった。「これから学生になる人にはいいと思う。財源を国の借金返済に回すよりはいい」(藤枝市の女子大学生)、「教育を受けられない子供がいるのは、経済的な問題が大きい。平等に教育を受けられることに賛成」(富士市の男子大学生)などと、将来の子供たちへの投資という観点での賛成意見が目立った。

 ■北朝鮮有事への対応 ミサイル発射や核実験を続ける北朝鮮に対しては、非難の声が渦巻いたが、「本当にミサイルが落ちてくるのか現実味がない。ひとごと」(静岡市葵区の男子大学生)という声に代表されるように、切迫した危険を伴うものとして受け止められていないようだった。

続きを読む

「ニュース」のランキング