産経ニュース

【衆院選】民進・前原誠司代表が応援演説 「政治の流れ変える1票を」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
民進・前原誠司代表が応援演説 「政治の流れ変える1票を」

東武東上線ふじみ野駅前で熱弁をふるう民進党の前原誠司代表=14日、富士見市ふじみ野東 東武東上線ふじみ野駅前で熱弁をふるう民進党の前原誠司代表=14日、富士見市ふじみ野東

 民進党の前原誠司代表は14日、埼玉県富士見市ふじみ野東にある東武東上線ふじみ野駅前で、6選を目指す希望前職、小宮山泰子氏の街頭演説に応援弁士として駆けつけ、駅利用者らに支持を呼びかけた。街頭演説では、民進党県連代表の大野元裕参院議員もマイクを握った。

 前原氏は同党代表として野党共闘の道を選ばなかったことについて、北朝鮮情勢を踏まえて「共産党は日米安保を認めていない。選挙に勝つためだけで組むのは野合だ」と理解を求めた。その上で、原発廃止などの施策を訴え、「若い方、われわれの先輩方が安心して生活できる仕組みを作らせてください。『政治の流れを変えよう』という皆さんの1票が政治を変えることができる」と有権者に訴えた。

 7区からは小宮山氏のほかに、自民前職の神山佐市氏、共産新人の長沼チネ氏が出馬している。

関連ニュース

「ニュース」のランキング