産経ニュース

【衆院選】埼玉は15選挙区の55人が立候補へ 10日に公示

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
埼玉は15選挙区の55人が立候補へ 10日に公示

 各党かく戦う

 自民党、新藤義孝氏

「『北朝鮮の脅威』と『少子高齢化・人口減少社会』という2つの国難を突破するための政治体制を問う」

 希望の党、鈴木義弘氏

「総理は与党に有利なタイミングと判断し解散したが、政権交代可能な改革保守政党、希望の党に多くの同士が結集した」

 公明党、西田実仁氏

「日米の連携強化による北朝鮮への対応など、公明党の実績を訴える。北関東比例区3議席の死守に全力を挙げる」

 共産党、荻原初男氏

「市民と野党の共闘で政治を変える立場を断固として貫き、小選挙区での勝利、比例での党躍進を果たす」

 立憲民主党、枝野幸男氏

「政治は、政治家のためでも政党のためでもなく、国民のためにある。多くの国民の声に応え、政治の流れを転換させたい」

 日本維新の会、藤巻健史氏

「『しがらみ』がなく、一部の人のための政治をしなくてすむ。既得権益を打破できる。6年間貫き通した実績を訴える」

 社民党、武井誠氏

「野党共闘を求める市民の声を真摯(しんし)に受け止めつつ、13区の候補の当選と比例北関東ブロックでの議席獲得を目指す」

 幸福実現党、小島一郎氏

 「勇断できる政治。国民に正直で嘘のない政治。それが立党以来8年間変わらぬ、私たちの志だ」

「ニュース」のランキング