産経ニュース

【党首討論会詳報(3)】日本のこころ・中野正志代表「立憲民主党は菅直人内閣そのもの」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【党首討論会詳報(3)】
日本のこころ・中野正志代表「立憲民主党は菅直人内閣そのもの」

党首討論会で討論する、日本のこころの中野正志代表=8日午後、東京都千代田区のプレスセンター(宮崎瑞穂撮影) 党首討論会で討論する、日本のこころの中野正志代表=8日午後、東京都千代田区のプレスセンター(宮崎瑞穂撮影)

 あんなに日本の景気が落ち込んでいたのでありますが、信じられないことでありました。現在はアベノミクスによって景気回復中でありますが、しかし今度は立憲民主党のみなさん、菅さんが消費税を引き上げないといっております。まったく矛盾しております。菅内閣のあの最悪の景気の時に消費税を引き上げるという判断をされたことを、どう国民に説明をされるのか、お答えいただきたいと存じます」

 枝野氏「菅内閣のときに、東日本大震災と東電の原発事故がありました。これに対する対応が100点だったとは決して思っていません。全力を尽くしましたが、至らない点はたくさんあったと思います。だからこそ一にも早い脱原発に向けた責任、役割を背負っていると思います。それから経済は、実質経済成長率は今よりよかったはずです。きちっと数字、データを調べたうえでいっていただきたい。その前提では、いまのご質問自体が成り立たないんですが、消費税については、あの時点における経済状況、あるいは当時3党合意で最終的に合意がされた使われ方、そして全体としての税、法人税や所得税全体のバランスの構造が崩れていますので、前提が崩れている以上は、これは容認できないと。意見が変わるのは当然のことです」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング