産経ニュース

【衆院選】希望の党・秋田1区の松浦大悟氏は「安保法廃止」だった 昨夏の参院選で共産、社民と共闘

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
希望の党・秋田1区の松浦大悟氏は「安保法廃止」だった 昨夏の参院選で共産、社民と共闘

参院選で共産党や社民党との共闘がまとまり、両党の秋田県トップと笑顔で握手していた松浦大悟氏(右から2人目)。衆院選は希望の党から出馬することになった=昨年4月28日、秋田市山王のルポールみずほ(渡辺浩撮影) 参院選で共産党や社民党との共闘がまとまり、両党の秋田県トップと笑顔で握手していた松浦大悟氏(右から2人目)。衆院選は希望の党から出馬することになった=昨年4月28日、秋田市山王のルポールみずほ(渡辺浩撮影)

 希望の党が3日発表した衆院選の第1次公認候補には、憲法改正や安全保障関連法に反対してきた人物もいる。秋田1区で公認された元民主党参院議員、松浦大悟氏(48)は昨年の参院選に共産、社民両党との野党統一候補として出馬し、安保法制廃止を掲げて戦った。

 民進党秋田県連代表だった松浦氏は昨年4月28日、共産、社民両党の県組織や市民団体「安保法制(戦争法)廃止、立憲主義の回復を求める秋田ネット」(あきた立憲ネット)と共闘・政策協定に署名した。

 その内容は「安保法制(戦争法)の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を目指す」「『緊急事態条項』を設けるなどの安倍政権による憲法改悪を阻止する」など。「辺野古新基地問題など民意を無視した政策決定への反対」などについても4者が随時協議するとした。

 安保法制を「戦争法」と併記したのは共産党などの要望とみられる。松浦氏は安保法制に反対する若者グループ「SEALDs(シールズ)」(昨年解散)とも共闘した。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング