産経ニュース

【希望の党・小池百合子代表インタビュー詳報】「衆院選出馬はない」「投開票日前夜、羽田発の飛行機に乗る」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【希望の党・小池百合子代表インタビュー詳報】
「衆院選出馬はない」「投開票日前夜、羽田発の飛行機に乗る」

インタビューに答える希望の党の小池百合子代表=2日、東京・西新宿(酒巻俊介撮影) インタビューに答える希望の党の小池百合子代表=2日、東京・西新宿(酒巻俊介撮影)

 --次はないと

 「そうですね。次の次、なんて悠長なことは言ってられません」

 --そうすると、首相指名はどうするのか

 「たくさん候補者はいます。党も含めて」

 --北朝鮮情勢がこういう中での衆院解散で、民進党に安全保障関連法の賛成など高いハードルを課した。その意義は

 「一つの政党としてやっていくには、安全保障政策とか憲法観が一致しているのが当然だと思います。党と党が合流するのではなくて、希望の党にお入りになる方はその点を踏まえて、そして今回、公認するかしないかを決めるわけだから、そこはマストですね。その理由は、私は平成5年の北朝鮮情勢が非常に厳しいときに、細川護煕政権の中で、かつ、日本新党でナンバー2というか、細川さんが総理になって、その後いろいろ、特に参院議員時代なんかナンバー2だった。その中で、もう政権そのものをずっと見てきた」

 「で、何があったかというと、北朝鮮情勢が厳しいということを細川さんは訪米で、米国からいろいろと現状を聞かされたと思います。その中で、有事の際に社会党出身の閣僚が閣議決定に従わないということが想定された。そして、細川さんがお金の問題などを追及された結果、羽田孜政権になって、その時にある意味、細川さんがステップダウン、降りることをきっかけに社会党切りをやった。覚えてます? 社会党切りした結果、少数与党になったわけです。これはだから北朝鮮が有事のときに、政府が決定できないということはこれはもう国難だと、それこそ。そういうことでやったら、次に何が起こったか覚えてますか」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「衆院選出馬はない」「投開票日前夜、羽田発の飛行機に乗る」
  • 「衆院選出馬はない」「投開票日前夜、羽田発の飛行機に乗る」

「ニュース」のランキング