産経ニュース

山梨市長に民進系・高木晴雄氏が初当選 前市長逮捕の出直し選、自民系敗れる

ニュース 政治

記事詳細

更新


山梨市長に民進系・高木晴雄氏が初当選 前市長逮捕の出直し選、自民系敗れる

山梨県山梨市長選で初当選を確実にし、万歳三唱する高木晴雄氏=1日午後10時10分ごろ、山梨市小原西(昌林龍一撮影) 山梨県山梨市長選で初当選を確実にし、万歳三唱する高木晴雄氏=1日午後10時10分ごろ、山梨市小原西(昌林龍一撮影)

 山梨県山梨市の職員不正採用事件で受託収賄罪などで逮捕・起訴された前市長、望月清賢被告(70)の辞職に伴う出直し市長選は1日、投開票が行われ、元山梨県議で無所属新人の高木晴雄氏(67)=民進、社民推薦=が1万591票を獲得し、初当選を果たした。

 市長選には元山梨県議で無所属、新人の奥山弘昌氏(57)=自民推薦=も立候補したが、8629票と及ばなかった。投票率は65.00%で、前回(66.75%)を下回った。

 両候補とも事件の再発防止や市政刷新を訴えた。衆院解散で国政が激動する中、自民系と民進系の一騎打ちで、政党間対決としても注目されたが、前市政を厳しく批判し、「不正を払拭し、クリーンな市を作る」と訴えた高木氏が支持を集めた。

このニュースの写真

  • 山梨市長に民進系・高木晴雄氏が初当選 前市長逮捕の出直し選、自民系敗れる
  • 山梨市長に民進系・高木晴雄氏が初当選 前市長逮捕の出直し選、自民系敗れる

「ニュース」のランキング