産経ニュース

【衆院解散】新潟・民進の前職、黒岩宇洋氏は希望に公認申請へ 「どういう立場で立候補するかは任せてほしい」と訴え

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
新潟・民進の前職、黒岩宇洋氏は希望に公認申請へ 「どういう立場で立候補するかは任せてほしい」と訴え

民進党の黒岩宇洋氏(昨年9月) 民進党の黒岩宇洋氏(昨年9月)

 希望の党への合流方針を決めた民進党の前衆院議員のうち、新潟3区から立候補を予定している黒岩宇洋氏(50)が30日までに、希望の党に公認申請をする考えを明らかにした。一方、同1区の西村智奈美氏(50)は検討中だとして態度を保留している。

 黒岩氏は新潟県新発田市で29日夜に開いた支援者らとの会合で、民進を離党した後は希望の党からの出馬を目指す考えを表明した。県内の選挙区から出馬を予定する民進の前職4人と新人1人のうち、態度を明確にしたのは初めて。

 一方、西村氏は30日、新潟市中央区で後援会の事務所開きに臨み、約80人の支持者らに「どうするかを考えている。選択肢が浮かんでは消え、中身も変わりつつある」と報告し、さらに情報を集めた上で判断するとした。米山隆一知事や新潟市の篠田昭市長も姿をみせる中、最後は涙声で「どういう立場で立候補するかは私に任せてほしい」と訴えた。

「ニュース」のランキング