産経ニュース

【衆院解散】三都物語 微妙な距離感 松井氏と小池氏、目も合わせず

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
三都物語 微妙な距離感 松井氏と小池氏、目も合わせず

小池百合子・東京都知事、松井一郎・大阪府知事、大村秀章・愛知県知事が会見。話す小池知事(左)と、下を向く大村知事(中央)、上を向く松井知事=30日夜、大阪市中央区(安元雄太撮影) 小池百合子・東京都知事、松井一郎・大阪府知事、大村秀章・愛知県知事が会見。話す小池知事(左)と、下を向く大村知事(中央)、上を向く松井知事=30日夜、大阪市中央区(安元雄太撮影)

 日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は30日、新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事、大村秀章愛知県知事と大阪市内のホテルで開いた共通政策「三都物語」に関する記者会見で、笑みを浮かべながら写真撮影に応じた。しかし質疑では、松井氏と小池氏との間にすきま風が吹く場面も。衆院選で候補者調整や政策の一致を打ち出す維新と希望の党だが、党首間の関係は微妙のようだ。

 松井氏は会見中、ずっと前を見つめ、小池氏と目を合わせることはほとんどなかった。3大都市の共通政策という新たな試みを発表する華やかな機会とは対照的に、松井氏はいつものように淡々と質問に答える姿が目立った。

 質疑では、衆院選での協力に関して小池氏が「連携」を明言したのに対し、松井氏は「最大限、配慮しようと約束できた」と言葉を選んだ。また、共通政策が党としての合意かと問われると、小池氏は「党の公約に入れ込んでいきたい」と維新との協調姿勢をアピール。これに対し松井氏は「維新としては6年間やり続けている」と語り、両党が掲げる“改革”の先駆者が維新であることを強調するなど、松井氏と小池氏の温度差が垣間見えた。

 衆院選への出馬を問われた場面では、去就が注目される小池氏が「仲間を募って(国政に)送り出したい」などと質問をかわすと、松井氏は「3知事で意見が一致して連携をやろうじゃないかとなっているとき、誰かが立候補したら、3都物語そのものがうそだったということになる」と述べ、小池氏の出馬を牽(けん)制(せい)した。

 小池氏の出馬は希望の党の獲得議席を左右する衆院選の注目点となっている。こうした状況を知ってか知らずか松井氏はこう付け加えた。

 「僕は大阪の事情もありますから、そういうことはあり得ない。総選挙に出ることはありません」

「ニュース」のランキング