産経ニュース

【衆院解散】「自分が首相になれると判断したら出てくる」 小池百合子都知事、待望論と挑発の盛り上がり待つ戦術

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
「自分が首相になれると判断したら出てくる」 小池百合子都知事、待望論と挑発の盛り上がり待つ戦術

「希望の党」代表の小池百合子都知事(宮崎瑞穂撮影)  「希望の党」代表の小池百合子都知事(宮崎瑞穂撮影) 

 10月10日公示-22日投開票の日程で行われる衆院選は、新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事の国政復帰の有無が最大の関心となっている。小池氏は29日も重ねて不出馬を宣言したが、額面通り受け止める向きはない。小池氏が安倍晋三首相に対抗する首相候補として出馬しない限り、政権交代の機運が高まらないからだ。しかし、都知事の任期途中の出馬は「都政投げ出し」の批判を浴びる。小池氏は世論の動向を慎重に見極めている。(沢田大典)

 「出馬しません。前から言ってるじゃないですか。どうしたいんですか?」

 小池氏は29日朝、衆院選出馬の有無を繰り返し尋ねる記者団に、いらだった様子でこう語った。それでも出馬説が消えないのは、小池氏が「政権選択選挙」と発言し、かつ首相候補を提示できていないからだ。小池氏は29日の記者会見で首相候補不在を問われ「重要な要素であるということに鑑み、お答えは差し控える」と述べるにとどめた。

 首相候補として細野豪志元環境相は民進党色が強すぎる。小池氏側近の若狭勝前衆院議員は当選2回だ。昨年の都知事選で小池氏を支援した野田聖子総務相さえ、29日の記者会見で「誰が首相指名されるのか分からない」と述べた。

 一方、小池氏の出馬宣言は時期尚早との指摘もある。今以上に小池氏出馬への待望論と挑発が盛り上がるのを待っているのではないか、との見方だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング