産経ニュース

【希望の党設立】「小池劇場」演出、自民、民進との差異鮮明化

ニュース 政治

記事詳細

更新

【希望の党設立】
「小池劇場」演出、自民、民進との差異鮮明化

「希望の党」の結成会見をする小池百合子代表=27日午前、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影)  「希望の党」の結成会見をする小池百合子代表=27日午前、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影) 

 小池氏はこう訴え、既存の与野党とは異なる政党像をアピールした。とはいえ、会見場のひな壇に並んだ14人の国会議員のうち8人は細野氏や松原仁元拉致問題担当相、長島昭久衆院議員ら民進党出身者が占めた。

 細野氏は、古巣の民進党を念頭に「『安保法制白紙撤回』ということでは、北朝鮮の問題に対応できない。必要な部分は既存の法制で現実的な対応をしていくのが保守政党としての矜持(きょうじ)だ」と胸を張ってみせた。

 しかし、細野氏は27年7月の安保関連法の衆院採決をボイコットした民主党(当時)で政調会長を務めていた。過去の自身の行動は都合よく忘れ去り、「矜持」という言葉に酔う姿は空々しい。長島氏の口からは「この党は駆け込み寺とか選挙互助会とか揶揄(やゆ)されている」との言葉も漏れた。

 記者会見は、小池氏をイメージした緑のジャケットの女性が登場する党のPR動画の上映で始まり、党首のキャラクターを前面に打ち出した選挙戦術を印象づけた。小池劇場を演出して「互助会」の実態を糊塗(こと)するための策に映る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「小池劇場」演出、自民、民進との差異鮮明化
  • 「小池劇場」演出、自民、民進との差異鮮明化
  • 「小池劇場」演出、自民、民進との差異鮮明化
  • 「小池劇場」演出、自民、民進との差異鮮明化
  • 「小池劇場」演出、自民、民進との差異鮮明化

「ニュース」のランキング