産経ニュース

「希望の党」結成と代表就任表明 小池百合子都知事 会見要旨

ニュース 政治

記事詳細

更新


「希望の党」結成と代表就任表明 小池百合子都知事 会見要旨

記者会見で「希望の党」の基本政策を発表する東京都の小池百合子知事=25日午後、東京都新宿区の都庁(福島範和撮影) 記者会見で「希望の党」の基本政策を発表する東京都の小池百合子知事=25日午後、東京都新宿区の都庁(福島範和撮影)

 東京都の小池百合子知事が25日、新党「希望の党」結成と代表就任を表明した記者会見の主なやりとりは次の通り。

                  

 「この度、希望の党を立ち上げたい。これまで(衆院議員の)若狭勝さん、細野豪志さんが議論してこられたが、リセットして私自身が立ち上げる。都政により磨きをかけていく、さらにスピード感を確保していくためには、国政に何らかの関与が必要。国政でしっかりと代弁する勢力を確保していくことが東京都にとってもプラスではないかと考えた」

 --リセットというのはどう解釈すればいいのか

 「私がしっかりと旗を掲げるということで、(新党が)明確になるのではないか。(肩書は)代表だ」

 --直接自分でやるとなった一番の理由は

 「日本の状況を見ていて、以前から改革のスピードがあまりにも遅いということと、やはり衆院解散・総選挙が目の前に迫っているという時間的な話もある。私自身が立場を明確にすることによって、勢いをつけていきたい」

 --公認候補者の擁立規模は

 「私は今回、大義なき解散・総選挙と申し上げている。候補者がいなければ投票する選択肢がないので、これまでさまざまな接点のあった全くの新人の方々、それから改革の志を持った経験のある方々に各地で出馬していただく。オールジャパンで取り組む」

 --他党との連携は

 「新しい旗を掲げたことでどのような変化が起きてくるのか、民進党の前原誠司代表とは日本新党以来の付き合いで、しっかりとコミュニケーションも取れると思う。でも、改革ということ、保守ということ、そして柱になる政策に同意できるかどうかが必要になる」

「ニュース」のランキング