産経ニュース

【衆院解散】朝日、毎日、東京が「大義なし解散」の特異報道 「森友・加計」と似た構図に八幡和郎氏「確信犯的な『印象操作』感じる」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
朝日、毎日、東京が「大義なし解散」の特異報道 「森友・加計」と似た構図に八幡和郎氏「確信犯的な『印象操作』感じる」

冒頭解散に関する朝日新聞社説(右)と、毎日新聞の社説 冒頭解散に関する朝日新聞社説(右)と、毎日新聞の社説

 臨時国会で「森友・加計問題」を議論しないことを批判している。日本の安全保障の根幹に関わる北朝鮮の「核・ミサイル開発」が深刻化するなか、同問題は先の通常国会で相当議論された。野党は「疑惑は晴らされていない」というが、決定的なものは何一つ出ていない。

 そして、3紙が一致したのが「解散の大義がない」との見解だ。

 八幡氏は「3紙の報道は『確信犯的な印象操作』のように感じる。そもそも、憲法には『衆院解散に大義が必要』とは書いていない。朝鮮半島情勢が緊迫しているから解散するな、との主張もある。だが、これは日本の針路を決める総選挙を北朝鮮に委ねるのと同じだ。総選挙の争点は、政府・与党の実績や、北朝鮮への対応などたくさんある。真面目に取材しているのか疑問だ」と語っている。

このニュースの写真

  • 朝日、毎日、東京が「大義なし解散」の特異報道 「森友・加計」と似た構図に八幡和郎氏「確信犯的な『印象操作』感じる」

「ニュース」のランキング