産経ニュース

日米韓3首脳、対北圧力強化で一致 安倍晋三首相、トランプ氏「完全壊滅」演説を評価

ニュース 政治

記事詳細

更新


日米韓3首脳、対北圧力強化で一致 安倍晋三首相、トランプ氏「完全壊滅」演説を評価

会談する(左から)文在寅韓国大統領、トランプ米大統領、安倍首相=21日、ニューヨーク(共同) 会談する(左から)文在寅韓国大統領、トランプ米大統領、安倍首相=21日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク=杉本康士】国連総会出席のため訪米中の安倍晋三首相は21日午後(日本時間22日未明)、ニューヨーク市内のホテルでトランプ米大統領、韓国の文在寅大統領と3カ国首脳会談を行った。3首脳は「圧力のさらなる強化が必要」との認識で一致した一方、日米両首脳は韓国の対北人道支援に慎重な対応を求めた。

 会談でトランプ氏は、北朝鮮に対する追加制裁に踏み切る方針を伝達した。北朝鮮との貿易を続ける国について「米国と通商をするか、それとも、ならず者国家の北朝鮮と通商をするのか、どちらかを選択することになる」と語った。

 日韓両首脳は、北朝鮮の「完全破壊」に言及したトランプ氏の国連総会一般討論演説を高く評価した。安倍首相は米国の新たな制裁措置を評価した上で「次の行動につなげていきたい」と強調し、文氏は「北朝鮮への対応で日米韓の足並みをそろえたい」と述べた。

 3首脳は北朝鮮に影響力がある中国、ロシアに対し、日米韓が連携して圧力強化を働きかける方針も確認した。また、日米韓3カ国の防衛協力を進めていく方針も申し合わせた。

続きを読む

「ニュース」のランキング