産経ニュース

東京都受動喫煙防止条例「ラグビーW杯までに」 都議会定例会 所信表明で小池百合子知事明言

ニュース 政治

記事詳細

更新


東京都受動喫煙防止条例「ラグビーW杯までに」 都議会定例会 所信表明で小池百合子知事明言

都議会定例会で所信表明をする小池百合子知事=20日午後、都議会(宮川浩和撮影) 都議会定例会で所信表明をする小池百合子知事=20日午後、都議会(宮川浩和撮影)

 東京都議会定例会が20日開会し、小池百合子知事は冒頭の所信表明で現在検討中の受動喫煙防止条例に触れ「(五輪やラグビーワールドカップの)ホストシティとしての責務を果たすため受動喫煙防止対策を一層推進する」と述べた。その上で原則屋内禁煙の罰則付き条例をラグビーW杯までに施行させるとした。

 また、豊洲市場(江東区)移転問題では、追加対策工事や施設の使い勝手の向上をはかり「早期移転を加速させる」と語った。一方で移転時期については「業者の意向も尊重し早期に決定したい」との文言にとどめた。築地市場(中央区)再開発については民間の力を最大限に活用。来月スタート予定の検討会議で築地再開発の具体像を検討する。

 また、持続可能な都市として東京をさらに発展させるために、金融や環境で成長の基盤を築くと宣言。特区制度などの利用により海外のフィンテック企業誘致などを積極的に行い、「アジアナンバーワンの国際金融都市への歩みを進める」とした。

 環境対策ではCO2を出さない「ゼロエミッション東京」に向けて、電気自動車や燃料電池自動車などの普及を目指す。具体的には、マンションなどの充電設備や水素ステーションなどのインフラ整備に意欲を見せた。来月21日からのフランス・パリ出張にも触れ、先進的な温暖化対策を進める世界の都市連盟「C40」の会合に出席し、気候変動対策に向けた世界各都市との連携を深めるとした。

「ニュース」のランキング