産経ニュース

【風を読む】非核三原則で国民を守れるか 北が核攻撃能力を持てば「核の破れ傘」になる 論説副委員長・榊原智

ニュース 政治

記事詳細

更新

【風を読む】
非核三原則で国民を守れるか 北が核攻撃能力を持てば「核の破れ傘」になる 論説副委員長・榊原智

石破茂元幹事長 石破茂元幹事長

 平成22年3月に、鳩山由紀夫内閣の岡田克也外相は「核搭載米艦船の一時寄港を認めないと日本の安全が守れないならば、そのときの政権が命運をかけてぎりぎりの決断をし、国民に説明すべきだ」と国会答弁した。非核三原則を修正しての「持ち込み」容認が将来あり得るという見解だ。外相として岸田氏は26年2月の国会で「現政権(安倍晋三内閣)もこの答弁を引き継いでいる」と答弁した。よもや忘れてはいまい。

 「持ち込み」に限らないが、「決断」を迫られるときは近づきつつある。非核三原則が国民を守ることを妨げるなら、国民を優先すべきに決まっている。

 それを論ずるのは、被爆国日本の首相はじめ政府、国会の人々の義務であるはずだ。

「ニュース」のランキング