産経ニュース

【憲法改正】自民党が1カ月ぶりに改憲論議を再開 10月にも9条改正のたたき台を党内に提示へ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
自民党が1カ月ぶりに改憲論議を再開 10月にも9条改正のたたき台を党内に提示へ

憲法改正推進本部の会合であいさつする保岡興治本部長(中央)。奥左から顧問の二階俊博幹事長、高村正彦副総裁。奥右から中谷元本部長代理、船田元本部長代行=12日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影) 憲法改正推進本部の会合であいさつする保岡興治本部長(中央)。奥左から顧問の二階俊博幹事長、高村正彦副総裁。奥右から中谷元本部長代理、船田元本部長代行=12日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 これに対し、石破茂元幹事長は2項を削除し「国防軍」を創設する平成24年の党改憲草案を推進する立場から「草案を掲げて国政選挙を勝ち抜いてきた。(公約に草案を)書いただけでは公約を侮辱することになる」と反発した。「軍事法廷の議論なしで『いいじゃないか』という姿勢には賛同できない」と異議を唱えた。

 首相の改憲案をめぐり賛否が分かれる中、複数の出席者からは首相改憲案と9条抜本改正の両論併記を求める意見も出た。

 党幹部は党改憲案を秋の臨時国会に提示し、衆参両院の憲法審査会での議論を経て、来年の通常国会で発議したい考えを示しているが、党内で意見集約できるかは見通せない。

「ニュース」のランキング