産経ニュース

【羽田孜元首相死去】「君が身命を賭した二大政党制は2年余りでついえた。もう一度政権交代を実現する」小沢一郎自由党代表あいさつ全文 羽田元首相の葬儀・告別式

ニュース 政治

記事詳細

更新

【羽田孜元首相死去】
「君が身命を賭した二大政党制は2年余りでついえた。もう一度政権交代を実現する」小沢一郎自由党代表あいさつ全文 羽田元首相の葬儀・告別式

羽田孜元首相の民進党・羽田家合同葬儀で弔辞を述べる自由党の小沢一郎代表=8日午後、東京都港区青山の青山葬儀所(酒巻俊介撮影) 羽田孜元首相の民進党・羽田家合同葬儀で弔辞を述べる自由党の小沢一郎代表=8日午後、東京都港区青山の青山葬儀所(酒巻俊介撮影)

 8月28日に82歳で死去した羽田孜元首相の葬儀・告別式が8日、東京・南青山の青山葬儀所で営まれ、自由党の小沢一郎代表が友人代表としてあいさつした。自民党時代から行動をともにしてきた小沢氏は「肝心な時はいつも一緒だった」と故人をしのびつつ、今日の政界は一強多弱といわれる状況下にあるが、もう一度政権交代を実現する」と誓った。全文は次の通り。

 孜ちゃん、今日はいつもの2人だけの時のように、そう呼ばせてください。昭和44年の初当選の同期の友であり、また同志であった2人は子供のように「孜ちゃん」「いっちゃん」と呼び合って過ごしてきました。それから半世紀近くたちましたが、僕の脳裏にある君は穏やかな笑みを浮かべ、物おじもせず部屋に入ってきたときの孜ちゃんであり、緊張して座っていた僕は、しばらく前まで大学院の学生だった田舎者のいっちゃんでした。

 その2人の出会いは政治の師である田中角栄先生の事務所が初対面の場でありました。孜ちゃん、君は父上が病に襲われ、父が急逝した僕と同様、思いもよらず政治の世界に足を踏み入れることになりました。田中先生に戸別訪問3万軒、みんなと握手をしろ、そう命じられ、来る日も来る日も選挙区を歩き回って、ようやく当選を果たした2人に先生は同期当選の名を一人一人挙げて、県議、県知事、中央官庁の役人等々、みんな政治行政のプロだと。お前たち2人はズブの素人だと。他の同期生と一緒になって、ボンボンとその日を過ごしていたらお前たちの将来はない、命がけで勉強しろ、頑張れ、そう叱咤(しった)激励されたことを今でもはっきり覚えています。

続きを読む

「ニュース」のランキング