産経ニュース

自民党の二階俊博幹事長激怒!? 派内に「反安倍勉強会」への「出席禁止令」 出席議員減で沈静化?

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民党の二階俊博幹事長激怒!? 派内に「反安倍勉強会」への「出席禁止令」 出席議員減で沈静化?

 自民党有志議員の勉強会「日本の明日を創る会」(会長・竹本直一元財務副大臣)は7日、国会内で第2回会合を開いた。党に対する厳しい意見を聞く謙虚な姿勢をアピールするのが狙いだが、「反安倍」勢力の受け皿になりかねず、二階俊博幹事長らの引き締めもあり、出席議員は前回の19人から14人に減った。

 竹本氏は会合冒頭、「政権とわれわれは運命共同体だ」と述べ、安倍晋三政権を支える姿勢を改めて強調した。先月25日の初会合への出席者が、内閣改造で処遇されなかった入閣待機組や首相批判を強める石破茂元幹事長率いる石破派議員らが目立ち、「反安倍」との見方が広がったためだ。

 7日の会合では、ジャーナリストの田原総一朗氏が講師を務め、「自民党に緊張感がない代表的人物が安倍首相だ」と述べた。

 竹本氏は「勉強会立ち上げ前に二階氏に報告している」と釈明するが、二階氏周辺は「詳しい内容は聞いていなかった。分かっていたら(会合を)認めない」と反論する。初会合に二階派から最多の5人が出席していたこともあって、二階氏の怒りに輪をかけた。

 二階氏の意を受けた側近議員は、勉強会と距離を置くよう二階派議員に相次いで指示した。この「出席禁止令」の結果、同派から7日の会合に出席したのは平沢勝栄衆院議員のみ。二階氏側近は「幹事長派閥として『反安倍』とみられる動きは控えるべきだ。勉強会は沈静化するだろう」と胸をなで下ろした。(石鍋圭)

「ニュース」のランキング