産経ニュース

【日露首脳会談・要旨】安倍晋三首相「新たな対北制裁国連決議の採択に協力を」 プーチン大統領「外交・政治的な方法でのみ解決可能だ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日露首脳会談・要旨】
安倍晋三首相「新たな対北制裁国連決議の採択に協力を」 プーチン大統領「外交・政治的な方法でのみ解決可能だ」

7日、ロシア極東ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでプーチン露大統領と握手する安倍晋三首相(ロイター) 7日、ロシア極東ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでプーチン露大統領と握手する安倍晋三首相(ロイター)

 安倍晋三首相とプーチン露大統領がロシア極東ウラジオストクで7日に行った日露首脳会談の要旨は次の通り。

 【北朝鮮対応】

 首相 北朝鮮の問題を含む地域の課題について、地域の平和と安定に貢献するために話し合いたい。北朝鮮による6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会でのより強力な措置を盛り込んだ新たな制裁決議採択への協力を要請。国際社会で最大限の圧力をかけることが重要だとの認識を伝達。

 プーチン氏 外交・政治的な方法でのみ解決可能だ。

 両首脳 北朝鮮が朝鮮半島や地域の平和と安定への脅威となっているとして、国連の場を含め緊密な連携を確認。

 【共同経済活動】

 首相 平和条約締結という歴史的な課題の解決のため、北方領土での共同経済活動や元島民の自由な往来などを協力して進めていきたい。

 両首脳 海産物の養殖や観光ツアー開発など5項目の早期実現を図る方針で合意。10月初めをめどに2度目の調査団の北方四島への派遣や、両国の関係省庁局長級で構成する作業部会の設置と協議の加速を確認。

 【北方領土墓参】

 両首脳 高齢化した元島民の負担軽減のための空路墓参について、9月下旬の実施を確認。

 【2国間関係】

 両首脳 11月にベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせた会談や、来年5月にサンクトペテルブルクで開かれる経済フォーラムへの首相の参加を確認。(ウラジオストク 共同)

「ニュース」のランキング