産経ニュース

民進・山尾志桜里氏が離党届提出 週刊誌「不倫報道」で

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・山尾志桜里氏が離党届提出 週刊誌「不倫報道」で

国会に到着した民進党の山尾志桜里氏=7日午後、国会内(福島範和撮影)  国会に到着した民進党の山尾志桜里氏=7日午後、国会内(福島範和撮影) 

 民進党の山尾志桜里元政調会長(43)=衆院愛知7区=は7日夜、同日発売の週刊文春で既婚男性との不倫疑惑が報じられたことを受け、大島敦幹事長に離党届を提出した。山尾氏は議員辞職する意向を漏らしていたが、前原誠司代表が大島敦幹事長らと対応を協議し、10月の衆院補欠選挙が同区を加えた4選挙区になることを警戒、離党にとどめるべきだと判断した。山尾氏を説得したとみられる。

 党関係者によると、山尾氏は6日夜、不倫疑惑を否定した上で「衆院補選に迷惑がかかる」として議員辞職する意向を周囲に語った。報道を受け憔悴し切った様子だという。

 党内では、山尾氏が母親の立場から政府に子育て政策の充実を求めてきたことから、「不倫疑惑は致命傷で前原新執行部の船出に泥を塗った」(閣僚経験者)など、議員辞職を求める声が多い。

 ただ、山尾氏が15日までに議員辞職すれば、同区補選は青森4区、新潟5区、愛媛3区の3補選と同時に行われる。党幹部は「民進党に不利な愛知補選が重なるのは避けたい」と語り、議員辞職は避けるべきだとの認識を示している。

関連ニュース

「ニュース」のランキング