産経ニュース

無根拠投稿の拡散呼び掛け 自民・長尾敬衆院議員が削除し謝罪「事実と違っていた」

ニュース 政治

記事詳細

更新


無根拠投稿の拡散呼び掛け 自民・長尾敬衆院議員が削除し謝罪「事実と違っていた」

 自民党の長尾敬衆院議員(比例近畿)が7月、民放が偏向報道しているとネットメディアが根拠なく投稿した内容を、自身のツイッターに引用して拡散を呼び掛け、その後「事実でなかった」と謝罪していたことが5日、長尾氏の事務所などへの取材で分かった。

 ネットメディアの投稿には、無関係の在京キー局社員の実名と顔写真が掲載され、長尾氏のツイッターを通じて閲覧できた。長尾氏は取材に「事実と違っていたので削除した。それ以外は答えられない」と秘書を通じて回答した。

 長尾氏が引用したのは、ネットメディアの6月の投稿。複数の民放について「特定の制作会社に実質的に乗っ取られ偏向報道が繰り返されている」「インタビューで都合の良いコメントをする劇団員を雇い国民を洗脳」などと根拠のない内容とともに、関係のない社員の実名と顔写真を掲載していた。長尾氏は7月12日にこの投稿をツイッターに引用したが、8月17日には謝罪の言葉とともに削除していた。

「ニュース」のランキング