産経ニュース

衆院選新潟5区補選 米山隆一知事、出馬を否定 「知事職に全力尽くす」

ニュース 政治

記事詳細

更新


衆院選新潟5区補選 米山隆一知事、出馬を否定 「知事職に全力尽くす」

 新潟県の米山隆一知事は23日の記者会見で、長島忠美衆院議員の死去に伴う新潟5区の補選(10月22日投開票)をめぐり、昨秋の知事選に無所属で立候補するまで自身が5区の民進党総支部長を務めていた経緯を踏まえ「知事選に出なかったら(補選に)出たかもしれないと思うが、やりがいがある知事職に全力を尽くす」と語り、補選に出馬する可能性を明確に否定した。

 5区の補選をめぐっては自民党県連内に前知事の泉田裕彦氏(54)の擁立を目指す動きがあるほか、民進党と社民党は連合新潟とともに統一候補を立てる方針で合意している。

 米山知事は国政選に過去4度出馬した経験があるものの、5区の補選には「出たくはない」と述べ、知事職をなげうつ考えはないとした。国政与野党の候補者選びに関しては「注視したい」と述べるにとどめた。

 一方、東京電力ホールディングスが社内で柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)の「再稼働プロジェクト」を進めていることが23日、表面化したことに関して「容認はしないが、企業の内部組織を必要以上にあげつらう根拠もない」とした上で「(プロジェクトに関し東電が)『再稼働ありきではない』と言っている通りに行動してほしい」とした。

「ニュース」のランキング