産経ニュース

八戸沖の調査捕鯨終了 悪天候で目標下回る

ニュース 政治

記事詳細

更新


八戸沖の調査捕鯨終了 悪天候で目標下回る

 青森県八戸市沖の太平洋で7月18日からミンククジラの調査捕鯨を実施していた「地域捕鯨推進協会」(福岡市)は21日、調査を前日に終えたと明らかにした。捕獲数は3頭で30頭程度とした目標を大きく下回った。悪天候が影響したという。9月上旬から北海道釧路市沖で再開する。

 調査は八戸港の沖合50~90キロで行った。水産庁によると、波が高く調査船が沖に出られない日や、濃霧でクジラが探せない日があった。捕獲したクジラは胃の内容物や年齢を調べ、資源管理に役立てる。

「ニュース」のランキング