産経ニュース

【終戦の日】超党派議連が靖国神社参拝 尾辻秀久会長が首相の参拝見送りに「ご英霊、理解なさる」 稲田朋美元防衛相らも参拝

ニュース 政治

記事詳細

更新

【終戦の日】
超党派議連が靖国神社参拝 尾辻秀久会長が首相の参拝見送りに「ご英霊、理解なさる」 稲田朋美元防衛相らも参拝

靖国神社に参拝する「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー。先頭は尾辻秀久会長 =15日午前、東京都千代田区(納冨康撮影) 靖国神社に参拝する「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー。先頭は尾辻秀久会長 =15日午前、東京都千代田区(納冨康撮影)

 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は15日午前、終戦の日に合わせて東京・九段北の靖国神社に63人が集団参拝した。内訳は自民党55人、民進党3人、日本維新の会2人、日本のこころ1人、諸派・無所属2人。

 自民党の高市早苗前総務相や山東昭子元参院副議長、政府側から水落敏栄文部科学副大臣や佐藤正久外務副大臣らが参拝した。

 尾辻氏は記者会見し、安倍晋三首相が平成25年12月以降参拝を見送っている経緯について「お参りしたい気持ちは強いが、国際的な影響から(見送りを)判断したのだろう。ご英霊も理解なさると思う」と語った。

 自民党の保守系グループ「伝統と創造の会」も、稲田朋美元防衛相や木原稔財務副大臣らメンバーが集団で参拝した。

 このほか、自民党の萩生田光一幹事長代行、小泉進次郎筆頭副幹事長らも個別に参拝した。

「ニュース」のランキング