産経ニュース

江崎鉄磨沖北相「言葉足らずだった」 日米地位協定の見直し発言を釈明

ニュース 政治

記事詳細

更新


江崎鉄磨沖北相「言葉足らずだった」 日米地位協定の見直し発言を釈明

沖縄での公務を終え、記者団の質問に答える江崎鉄磨沖縄北方担当相=9日午後、那覇空港(高木桂一撮影) 沖縄での公務を終え、記者団の質問に答える江崎鉄磨沖縄北方担当相=9日午後、那覇空港(高木桂一撮影)

 沖縄県を訪問した江崎鉄磨沖縄北方担当相は9日、那覇空港で記者団に対し、日米地位協定の見直しに言及した8日の発言について「言葉足らずのところがあった」と釈明した。日米地位協定については「安倍政権のもとで2度にわたり大きな見直しを行った。今後も米国に対し言うべきことは言い、あるべき姿を追及していくべきだ」と改めて強調した。

 また、米軍基地問題への取り組みを問われると「私は担当の振興策でかかわっていく」と述べるにとどめた。

 江崎氏はこの日、米軍の嘉手納基地(嘉手納町など)と普天間飛行場(宜野湾市)をそれぞれ敷地外から視察したほか、沖縄の経済団体や自治体首長、議長と懇談した。就任後初の沖縄での2日間の公務を終え、「本当に皆さん疲れたでしょう。私も疲れた」と記者団に言い残して沖縄を後にした。

関連ニュース

「ニュース」のランキング