産経ニュース

17日に日米2プラス2 日朝外相2年ぶり接触

ニュース 政治

記事詳細

更新


17日に日米2プラス2 日朝外相2年ぶり接触

レックス・ティラーソン米国務長官(左)と河野太郎外相(共同) レックス・ティラーソン米国務長官(左)と河野太郎外相(共同)

 【マニラ=杉本康士】河野太郎外相は7日夜、レックス・ティラーソン米国務長官との6日の会談で、日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を17日にワシントンで開くことで一致したと明らかにした。訪問中のフィリピン・マニラ市内のホテルで記者団に語った。

 日米2プラス2の開催はトランプ米政権発足以降、初めてとなる。日本側からは河野氏と小野寺五典防衛相、米側からはティラーソン氏とジム・マティス国防長官が参加する。

 2プラス2では、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応のほか、中国の海洋進出への対処について協議する。日米双方の防衛強化策についても話し合う見通しだ。

 河野氏はまた、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と6日に短時間、立ち話をしたことも明らかにした。日朝両外相が接触するのは、平成27年8月以来2年ぶり。

 両外相が接触したのは、6日夜に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会合の歓迎行事の場で、通訳など同席者はいなかった。河野氏は「日朝平壌宣言に基づいて、拉致、核、ミサイルを包括的に解決するのが日本の立場だ」と伝えた。

このニュースの写真

  • 17日に日米2プラス2 日朝外相2年ぶり接触

「ニュース」のランキング