産経ニュース

河野太郎外相、ティラーソン米国務長官と初会談 2プラス2早期開催を確認

ニュース 政治

記事詳細

更新


河野太郎外相、ティラーソン米国務長官と初会談 2プラス2早期開催を確認

閣僚級戦略対話を前にオーストラリアのビショップ外相(左)と握手する河野外相。中央はティラーソン米国務長官=7日、マニラ(共同) 閣僚級戦略対話を前にオーストラリアのビショップ外相(左)と握手する河野外相。中央はティラーソン米国務長官=7日、マニラ(共同)

 【マニラ=杉本康士】河野太郎外相は7日午前、訪問中のフィリピン・マニラで、ティラーソン米国務長官と初めて会談した。日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の早期再開を目指す方針で一致。核・ミサイル開発を進める北朝鮮の挑発行動が続く中で、日米の連携も確認したとみられる。日米豪外相会談も開いた。

 河野氏はまた、東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓3カ国による外相会議にも臨み、北朝鮮との対話を模索する韓国の文在寅(ムンジェイン)政権などを念頭に、現在は最大限の圧力をかける局面であることを強調する。また、日本が議長国を務める日中韓首脳会議についても早期開催を呼びかけるとみられる。

 7日午後には安全保障問題で意見交換するASEAN地域フォーラムに出席するほか、ロシアのラブロフ外相、中国の王毅外相、韓国の康京和(カンギョンファ)外相ともそれぞれ会談する。日米韓外相会談も行う。

 一方、河野氏は6日深夜(日本時間7日未明)、フィリピンのカエタノ外相と会談した。日比外相会談は当初6日夕に予定されていたが、カエタノ氏の「体調不良」で中止となっていた。

「ニュース」のランキング