産経ニュース

【内閣改造】閣僚の平均年齢は第2次内閣発足以降2番目の高さ 40代はゼロ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【内閣改造】
閣僚の平均年齢は第2次内閣発足以降2番目の高さ 40代はゼロ

改造内閣が発足し、記念撮影に臨む安倍晋三首相(手前中央)と新閣僚ら=3日午後、首相官邸 (松本健吾撮影) 改造内閣が発足し、記念撮影に臨む安倍晋三首相(手前中央)と新閣僚ら=3日午後、首相官邸 (松本健吾撮影)

 3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣の閣僚19人の平均年齢は61.57歳となり、第3次再改造内閣に比べ0.79歳高齢化した。平成24年12月に第2次安倍内閣が発足して以降、2番目の高さとなった。内閣支持率の急落を受け、積極的に再登用を図るなど安定性を重視した結果といえる。

 最年長は麻生太郎副総理兼財務相の76歳、最年少は小此木八郎国家公安委員長の52歳で、第2次内閣発足以来、初めて40代閣僚が消えた。70代はこれまで1~2人だったが、今回は麻生氏と70歳の中川雅治環境相、73歳の江崎鉄磨沖縄北方担当相の3人に増えた。

 一方、自民党新四役には岸田文雄政調会長(60)が加わったが、竹下亘総務会長(70)らベテラン勢も入り、平均年齢は第3次再改造内閣より0.75歳増えた68.75歳となった。

このニュースの写真

  • 閣僚の平均年齢は第2次内閣発足以降2番目の高さ 40代はゼロ
  • 閣僚の平均年齢は第2次内閣発足以降2番目の高さ 40代はゼロ
  • 閣僚の平均年齢は第2次内閣発足以降2番目の高さ 40代はゼロ
  • 閣僚の平均年齢は第2次内閣発足以降2番目の高さ 40代はゼロ
  • 閣僚の平均年齢は第2次内閣発足以降2番目の高さ 40代はゼロ

「ニュース」のランキング