産経ニュース

【内閣改造】安倍晋三首相に「女難の相」あり!? 秘蔵っ子に「このハゲ~~」、スピード不倫…「女性が輝く社会」はどこへ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【内閣改造】
安倍晋三首相に「女難の相」あり!? 秘蔵っ子に「このハゲ~~」、スピード不倫…「女性が輝く社会」はどこへ

豊田真由子氏(斎藤良雄撮影) 豊田真由子氏(斎藤良雄撮影)

 過去を振り返っても、安倍政権は女性閣僚でつまずいたケースは少なくない。

 平成18年9月発足の第1次安倍内閣は、相次ぐ閣僚の失言・不祥事で支持率が急落したが、とどめを刺したのは女性初の防衛相だった小池百合子東京都知事だった。事務次官人事をめぐるトラブルで就任1カ月余りで辞表をたたきつけ、首相はこの1カ月後に退陣を余儀なくされる。

 24年12月の第2次政権発足後はしばらく安定期が続いたが、26年9月の内閣改造でケチがついた。過去最多の女性閣僚5人を起用したが、松島みどり法相が「うちわ問題」で、小渕優子経済産業相が政治資金にからみ相次いで辞任した。首相の盟友だった中川昭一元財務相の妻で、農林水産政務官だった中川郁子氏も同僚議員との路上キスを週刊誌に報じられた。

 このようになかなか政権を強力に支える女性の人材に巡り合えない首相。もっとも、「最大の女難は首相夫人の昭恵氏だ」という指摘もある。(田北真樹子)

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相に「女難の相」あり!? 秘蔵っ子に「このハゲ~~」、スピード不倫…「女性が輝く社会」はどこへ

「ニュース」のランキング