産経ニュース

「一線越えてない」釈明の今井絵理子氏、アウトか 専門家は一晩共に→性行為「不貞」とみなされる可能性指摘

ニュース 政治

記事詳細

更新


「一線越えてない」釈明の今井絵理子氏、アウトか 専門家は一晩共に→性行為「不貞」とみなされる可能性指摘

「深く反省しています」と神妙な表情の今井氏=27日午後、永田町の自民党本部 「深く反省しています」と神妙な表情の今井氏=27日午後、永田町の自民党本部

 女性ボーカルグループ「SPEED」のメンバーで自民党の今井絵理子参院議員(33)が、妻子のいる橋本健神戸市議(37)とホテルに同宿したことなどを週刊新潮に報じられた問題で、今井氏は27日、橋本氏から交際を申し込まれていたと認めたうえで、「一線を越えていない」「略奪不倫ではない」と釈明した。今後、仮に裁判になった場合、橋本氏の妻は慰謝料を取れるのか。専門家に聞いた。(夕刊フジ)

 今井氏が発表したコメントによると、橋本氏は「結婚生活は破綻していて、別居している。近く離婚調停になる」といい、最近になって交際の申し込みがあったという。今井氏も「好意を持っていたのは事実」としたが、「相手はまだ妻帯者なので“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げました。そして、今日までこの約束を守ってもらっています」と説明した。

 「『略奪不倫』ではありません。断じてない」とした今井氏だが、新幹線の車内で手をつないだり、マンションやホテルで一夜を明かす行為は“一線を越えた”ことには当たらないのだろうか。

 離婚問題に詳しい弁護士の高橋裕樹氏は「民法上、離婚を提起できる理由の1つが『配偶者に不貞な行為があったとき』だ。これは性交渉を指す。配偶者以外の誰かとキスをしたり、添い寝をすることは不貞行為ではないが、『婚姻を継続しがたい重大な事由』に当たり、慰謝料請求の対象となりえる」と話す。

続きを読む

「ニュース」のランキング