産経ニュース

【稲田朋美防衛相辞任】対立点は「玉虫色」 調査の限界 防衛省幹部「これが精いっぱいだった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【稲田朋美防衛相辞任】
対立点は「玉虫色」 調査の限界 防衛省幹部「これが精いっぱいだった」

会見に臨む稲田朋美防衛相 =28日午前、防衛省 (納冨康撮影) 会見に臨む稲田朋美防衛相 =28日午前、防衛省 (納冨康撮影)

 南スーダンPKOの日報問題で28日に公表された特別防衛監察の結果では、稲田朋美防衛相が陸自データの非公表方針を了承した事実はないとしつつ、データの存在を把握していたかについては明確な事実認定に至らなかった。稲田氏の証言と、陸自サイドが情報源とみられる報道が真っ向から対立する中、監察結果は「玉虫色」の認定にとどめた。防衛相直轄の防衛監察本部が、防衛相自身を対象に含めて行う調査の限界も示した。

 この問題で稲田氏は「私は一貫して日報を公表すべきとの立場だ。非公表や隠蔽を指示したり、了承したりしたことはない」と主張してきた。

 一方で、稲田氏は2月13、15両日にあった省幹部会議で陸自幹部からデータが保管されていたとの説明を受け、非公開方針を了承したとの報道が相次いだ。13日の会議には湯浅悟郎陸幕副長、15日は岡部俊哉陸幕長が出席していた。報道が事実なら稲田氏の説明は虚偽となる。

 監察本部は両方の会議出席者に聴取を実施。その結果、陸自幹部を含む複数の出席者が「説明した」との証言をしたものの、稲田氏を含む複数の出席者は「説明はなかった」との証言を行った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 対立点は「玉虫色」 調査の限界 防衛省幹部「これが精いっぱいだった」

「ニュース」のランキング