産経ニュース

【蓮舫代表辞任会見・詳報(5)】「ガラスの天井を壊す道は、まだ半ば」「安倍晋三政権と対峙できる民進党がなければ、この国の民主主義は成り立たない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【蓮舫代表辞任会見・詳報(5)】
「ガラスの天井を壊す道は、まだ半ば」「安倍晋三政権と対峙できる民進党がなければ、この国の民主主義は成り立たない」

記者会見で辞任を表明し、記者の質問に答える民進党の蓮舫代表=27日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 記者会見で辞任を表明し、記者の質問に答える民進党の蓮舫代表=27日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 「ただ、その壁の部分、例えば衆参の壁は確かにあります。それは参院議員の私が代表になったことによって乗り越える一つの、拡大執行役員会を活用する。あるいは風通しをよくする。そして両院の委員会の連携を強める。この部分の道筋はつくれたと思っていますし、ここは次の執行部に引き継ぎをさせていただければと思っています」

 「2つめの、執行部と反執行部の壁は常にあるのだと思います。やはり政党であるがゆえに、多数の、まさにそれぞれが地域で選ばれている国会議員たちですから、その方たちが思う執行部のやり方への不満や不信、あるいは執行部が対する、そうではないと思える思いがぶつかることは、どうしても避けられないと思うんですね。ただ、それをどうやって円満に、お互いの理解を深めていくか。その手段は、私がもうちょっと努力しなければいけない部分はあったと確かに思っています」

 --野党共闘とも絡んでくるが、支持団体である連合との関係はどうするか

 蓮舫氏「連合の役割は当然あります。この国で生まれ、育ち、あるいはこの国にやってきて生活するには労働と無縁ではいられません。働くという、人が生きていく上でとても大切で、崇高で、自分の生き方に関わるものが法律で本当に守られているのだろうか。その法律が変わることによって、軽んじられることはないのだろうか。その声をしっかり届けるのは、やはり連合が一義的に行うべきものだと思っています」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング