産経ニュース

民進党の両院議員懇談会での主な発言 「政党支持率低下は蓮舫代表の責任」「挙党体制構築の覚悟がないなら辞めろ」

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進党の両院議員懇談会での主な発言 「政党支持率低下は蓮舫代表の責任」「挙党体制構築の覚悟がないなら辞めろ」

民進党の両院議員懇談会に臨む野田佳彦幹事長。手前は蓮舫代表=25日午後、東京・永田町の党本部 民進党の両院議員懇談会に臨む野田佳彦幹事長。手前は蓮舫代表=25日午後、東京・永田町の党本部

 民進党が25日開いた両院議員懇談会の発言要旨は以下の通り。各議員の意見表明は非公開で行われた。

 今井雅人衆院議員「東京都議選の敗北責任は野田佳彦幹事長の辞任に求めるのでなく、党都連の問題だ。離党表明が続けば党が溶ける。政党支持率の低下は蓮舫代表の責任だ」

 階猛衆院議員「攻めと受けの『受け』が弱いのは、野党共闘と衆参の党所属議員、執行部と非執行部という『3つの壁』が邪魔をしている」

 松野頼久元官房副長官「都議選は地方選であり、執行部の辞任は不要だ。離党者への対応は公認権と表裏一体で、ルールに基づいて行うべきだ」

 重徳和彦衆院議員「党は敗北を総括したらまとまるべきだ。支持率はすぐに上がらない」

 泉健太衆院議員「野田氏が辞める理由がわからない。総括でやるべきことに期限を付して取り組むべきだ。結果責任を取るだけなら無責任だ」

 松木謙公衆院議員「都議選は『国政選挙並みの態勢』として臨んだのだから、執行部は結果責任を取るべきだ」

 神本美恵子参院議員「都議選の総括文書に毎度のわかりきった文言が並ぶのでは、必死にやった人に失礼だ。具体策が乏しい」

 井出庸生衆院議員「蓮舫氏は幹事長人事にしろ『二重国籍』問題の対応にしろ、最初に決めたことに対する思いが弱い。挙党態勢を構築する覚悟がないなら代表をやめるべきだ」

「ニュース」のランキング