産経ニュース

【突破する日本】「森友」「加計」で怪しい安倍政権の空気作る 「倒閣」「改憲潰し」狙う野党・一部メディア 八木秀次

ニュース 政治

記事詳細

更新

【突破する日本】
「森友」「加計」で怪しい安倍政権の空気作る 「倒閣」「改憲潰し」狙う野党・一部メディア 八木秀次

憲法改正を訴える会合に寄せられた安倍首相のビデオメッセージ=5月3日、東京都千代田区 憲法改正を訴える会合に寄せられた安倍首相のビデオメッセージ=5月3日、東京都千代田区

 この動きは、安倍首相が5月3日(憲法記念日)の読売新聞紙上と民間改憲団体へのビデオメッセージで、憲法9条1項、2項を維持したままで自衛隊を憲法に位置づけることを提案したことで、その本気度に火がついた。さらに、首相が6月24日、神戸「正論」懇話会で、今秋に召集される臨時国会中に自民党としての改憲案をまとめ、憲法審査会に提出したい意向を表明したことで過熱した。

 安倍首相の改憲案は特別な内容ではない。「戦力」の不保持を規定した9条2項の抜本的改正ではなく、公明党が従来唱えていた加憲案であり、民進党の前原誠司元外相も昨年9月の代表選で提案している。9条に条文を追加して自衛隊を位置づける案は、枝野幸男元官房長官も提唱している(文芸春秋、13年10月号)。

 その程度の内容なのに、改憲が具体的に政治日程に載りそうなると、倒閣と「改憲潰し」の動きが本格化した。都議選の惨敗を受けて、安倍首相は周囲に「護憲勢力の力を改めて思い知ったよ」と漏らしている(産経新聞、7月8日付)。

 憲法改正をめぐって、政策論争とは別の次元で攻防戦が繰り広げられている。

 ■八木秀次(やぎ・ひでつぐ) 1962年、広島県生まれ。早稲田大学法学部卒業、同大学院政治学研究科博士課程中退。専攻は憲法学、思想史、国家論、人権論。第2回正論新風賞受賞。高崎経済大学教授などを経て現在、麗澤大学教授。教育再生実行会議委員、法制審議会民法(相続関係)部会委員、フジテレビジョン番組審議委員、日本教育再生機構理事長など。著書に『憲法改正がなぜ必要か』(PHPパブリッシング)、『公教育再生』(PHP研究所)など多数。

「ニュース」のランキング