産経ニュース

【閉会中審査】松野博一文科相、助言メールも存在認める

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査】
松野博一文科相、助言メールも存在認める

参院予算委の閉会中審査で答弁する松野博一文科相=25日午前、国会・参院第1委員会室(川口良介撮影) 参院予算委の閉会中審査で答弁する松野博一文科相=25日午前、国会・参院第1委員会室(川口良介撮影)

 松野博一文部科学相は25日の閣議後会見で、6月15日に発表した加計学園文書に関する再調査結果で「(加計学園の)利益を害する恐れがある」として存否を非公表とした文書のうち、文科省内でやり取りされたメールについても存在を認めた。

 メールは「大臣及び局長より、加計学園に対して、現時点の構想では不十分だと考えている旨早急に厳しく伝えるべき、というご指示」などと記載。松野氏が今月24日の閉会中審査で存在を認めた文書が添付され、国家戦略特区で獣医学部新設を認める前日の昨年11月8日に担当課職員から送信された。

 文書は「加計学園への伝達事項」と題し、懸念事項を列記。松野氏は「学部新設の際にはほとんどのケースで事前相談があり、今回は加計学園の相談に答えた」と説明し、「加計ありき」との疑念を否定した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング