産経ニュース

【閉会中審査・詳報(9完)】自由党の森裕子氏「5月9日の私の質問で、総理の答弁が混乱している」「教えてあげますよ」とドヤ顔

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査・詳報(9完)】
自由党の森裕子氏「5月9日の私の質問で、総理の答弁が混乱している」「教えてあげますよ」とドヤ顔

参院予算委員会の集中審議で、自由党の森裕子氏の質問を聞く安倍晋三首相=25日午後、参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) 参院予算委員会の集中審議で、自由党の森裕子氏の質問を聞く安倍晋三首相=25日午後、参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 山本氏「平成30年4月開学ということはすでにパブリックコメントで出している。パブリックコメントというのは内閣府と文科省の共同告示で出す文案をパブリックコメントするので、すでに分かっているわけであります。ただ、1校に限るということはその時点では決まっていない。したがって12月8日に獣医師会から1校に限るようにという要請が強く寄せられて、またパブリックコメントが12月17日に結果が出たので、そこで慎重な意見がかなり多いということを踏まえて、これを1校に限るというようにしようと私が決断し、文科大臣と農水大臣に12月22日に合意文書ができたということだ」

 森氏「おかしいですよ。パブリックコメントでこれに反対する意見が多数寄せられた。あらためて、これどこにも決まっていない、平成30年4月開学。総理がお尻を切った平成30年4月開学。これによって京産大があきらめた。この条件。なぜ重要な条件を3大臣合意に加えなかったのか。あまりにも不透明なんですよ。総理、あまりにも不透明なので総理がいくら潔白を証明しても国民は絶対納得しない。きちんといろいろな資料を出させるように指示していただけませんか」

 首相「平成30年4月開設とするよう指示を行ったことは一切ない。告示案は特区諮問会議にかかるものではないので事前に報告も受けていない。その上で申し上げれば、国家戦略特区は閣議決定した文書である。特区基本方針に定めているとおりスピードを重視し、機動的運営を行っていくことを運用の原則にしているし、私も常々岩盤規制改革を全体としてスピード感を持って進めていくよう指示をしていて、具体的に山本大臣はこの方針のもとに文科大臣と合意の上で作成したものと理解しているし、京産大も先般の記者会見で京産大外しの意図があったとは考えていない、また納得できない部分は特にないと述べていると承知している」

続きを読む

このニュースの写真

  • 自由党の森裕子氏「5月9日の私の質問で、総理の答弁が混乱している」「教えてあげますよ」とドヤ顔

関連ニュース

「ニュース」のランキング