産経ニュース

【閉会中審査・詳報(6完)】安倍晋三首相「加計学園獣医学部新設を白紙にすることは考えていない」 民進・玉木雄一郎氏「間違いなく加計ありき。白紙に戻すべきだ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査・詳報(6完)】
安倍晋三首相「加計学園獣医学部新設を白紙にすることは考えていない」 民進・玉木雄一郎氏「間違いなく加計ありき。白紙に戻すべきだ」

衆院予算委員会の集中審議で質問する民進党の玉木雄一郎幹事長代理=24日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の集中審議で質問する民進党の玉木雄一郎幹事長代理=24日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 安倍首相「運営は委員会でお決めになることだと思う次第です。4条件についてお話がありました。確かにこれは安倍政権で閣議決定したものですし、当然閣議決定に則って行政が適切に政策を進めていくことは当然のことであろうと考えています。今回のプロセスは、規制改革項目の追加、そして事業者の選定のいずれについても、ご指摘の4項目も踏まえた上で、民間有識者も加わった特区諮問会議やワーキンググループが主導して適正に行われてきました。

 その際、節目節目で農林水産大臣や文部科学大臣も会議に出席するなど関係大臣の間で異論がないことを確認し、合意の上で関係法令に基づき実施してきたものと理解しています。4条件も踏まえてオープンで適切なプロセスを経て、関係大臣からも異論がなく決定されたものと私は承知しております」

 玉木氏「議事録を読んでも既存の大学でできないという証明がどこにもない。言うに事欠いて、27年度中に検討と書いてあるから、27年度中には文科省から反論がなかったからそこでアウト、ゲームセット、終わりとかいって、挙証責任を転換するような形でだめだと言ってるんですが、28年3月31日で終わってるんですよ、勝負は。終わっているとすれば石破大臣から山本大臣に、この件は勝負がついて終わっているから、あとは色々な手続きをするだけだよというような引き継ぎをしていると思いますが」

 山本氏「引き継ぎでそういう話しはなかったわけですが、われわれは閣議決定を守らないといけない。まさに守っていないのが、昨年3月31日までに結論を出すということができていなかった。民間議員から再三の催促が文科省へあり、しかし、なかなかそこは答えがでないということで、延長戦という形で9月16日のワーキンググループの話になります。これも閣議決定です。国家戦略特区の基本方針として規制改革ができないということであればその正当な理由を、説明するのは規制監督省庁にあるわけで、まさに挙証責任を持つことであります。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相「加計学園獣医学部新設を白紙にすることは考えていない」 民進・玉木雄一郎氏「間違いなく加計ありき。白紙に戻すべきだ」
  • 安倍晋三首相「加計学園獣医学部新設を白紙にすることは考えていない」 民進・玉木雄一郎氏「間違いなく加計ありき。白紙に戻すべきだ」
  • 安倍晋三首相「加計学園獣医学部新設を白紙にすることは考えていない」 民進・玉木雄一郎氏「間違いなく加計ありき。白紙に戻すべきだ」

関連ニュース

「ニュース」のランキング