産経ニュース

【閉会中審査・詳報(4)】民進党の大串博志政調会長「ゴルフのプレー代は誰が払う?」「食事代は?」 安倍晋三首相「私のプレー代は私。食事代は私がご馳走することも、先方がもつことも」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査・詳報(4)】
民進党の大串博志政調会長「ゴルフのプレー代は誰が払う?」「食事代は?」 安倍晋三首相「私のプレー代は私。食事代は私がご馳走することも、先方がもつことも」

衆院予算委員会の集中審議で質問する民進党の大串博志政調会長=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の集中審議で質問する民進党の大串博志政調会長=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 民進党の大串博志政調会長は24日の衆院予算委員会で、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設の意向について、安倍晋三首相が認識したのが「今年1月」との答弁を引き出した。しかし首相と加計学園理事長のゴルフや食事の際にどちらが支払ったかなど政権のイメージダウンを狙う質問も目立った。主なやりとりは以下の通り。

 

 大串氏「(文部科学省前事務次官の)前川喜平参考人に和泉洋人首相補佐官との面会の日付などを聞く」

 前川氏「昨年9月から10月にかけて、私は和泉さんのもとを数回訪れている。昨年9月9日、和泉補佐官の官邸4階の執務室を訪ねたのが、おおむね午後3時ごろだ。その際、国家戦略特区の獣医学部新設について手続きを早く進めろという話があって、これについて私は今治の加計学園のことであると承知した。

 その際に、和泉補佐官から『このことは総理が自分の口から言えないから、自分が代わって言う』と。こういった話がありました。私は、これは加計学園と総理との関係があれば確かにそういうことなんだろうなと。総理が自分の口からはいえないという事情はそこで納得した。

 その日のうちに担当課である高等教育局専門教育課にこういった事実関係を伝えておいた。ただ、このことが大臣の意思決定に影響を与えるということは必ずしも好ましくないと考えて、私自身から大臣に報告はしていません。これをどう処理するかは担当局担当課に任せたということだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進党の大串博志政調会長「ゴルフのプレー代は誰が払う?」「食事代は?」 安倍晋三首相「私のプレー代は私。食事代は私がご馳走することも、先方がもつことも」
  • 民進党の大串博志政調会長「ゴルフのプレー代は誰が払う?」「食事代は?」 安倍晋三首相「私のプレー代は私。食事代は私がご馳走することも、先方がもつことも」

関連ニュース

「ニュース」のランキング