産経ニュース

【閉会中審査】安倍晋三首相、“別人”のような低姿勢貫く 冷静に関与否定も議論かみ合わず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査】
安倍晋三首相、“別人”のような低姿勢貫く 冷静に関与否定も議論かみ合わず

質問に応える安倍晋三首相=24日午前、国会(春名中撮影) 質問に応える安倍晋三首相=24日午前、国会(春名中撮影)

 24日に開かれた衆院予算委員会の閉会中審査で、安倍晋三首相は学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、これまで見せていた強気な答弁から一転、終始“別人”のような低姿勢を貫いた。「足らざる点があったことは率直に認めなければならない」と反省の言葉を述べ、自身の指示や働きかけも冷静に否定したが、激しいやじを飛ばす野党とは、最後まで議論がかみ合わないままだった。

 「私の友人が関わることに疑念の目が向けられるのはもっとも」。冒頭、自民党の小野寺五典氏から、加計学園側から便宜の依頼があったのかを問われた安倍首相は、自身が学園の加計孝太郎理事長と友人関係にあったことを認めた上で、「(加計氏が)地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことは、ただの一度もない」と疑惑を否定。野党席からは「だったら加計さんを(国会に)呼べよ」などやじが飛んだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相、“別人”のような低姿勢貫く 冷静に関与否定も議論かみ合わず

関連トピックス

「ニュース」のランキング