産経ニュース

【閉会中審査・詳報(3)】安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査・詳報(3)】
安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調

衆院予算委員会の集中審議で、小野寺五典元防衛相の質問に答弁する安倍晋三首相。右は麻生太郎副総理兼財務相=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の集中審議で、小野寺五典元防衛相の質問に答弁する安倍晋三首相。右は麻生太郎副総理兼財務相=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 なぜか国会の中の議論で、役所の中からいろんな文書が出ているのがこの問題の本質だと思っている。この国がこれまでしっかりやってきたのは、優秀な官僚組織とそれをうまく使いこなした政治があったから。この両方が相まってうまくいった。ところが、次官だった前川さんがこういったことをいうということは、逆に言うと、松野大臣、申し訳ないが大臣と次官の信頼関係がもっと密であればこういう問題に行かなかったかもしれない。

 あるいは恐縮です。今日質問時間がなかったが、稲田朋美防衛相、今の話、日報の問題もガバナンスの問題。しっかり役所を管理する責任があります。そして何より内閣全体のガバナンスは総理に責任があります。これから野党の厳しい質問が続くと思います。是非誠心誠意、お答えいただいて国民の皆さまに再び信頼していただくことを心から祈念申し上げまして本日の質問と致します」

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調
  • 安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調
  • 安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調

関連ニュース

「ニュース」のランキング