産経ニュース

【閉会中審査・詳報(3)】安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査・詳報(3)】
安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調

衆院予算委員会の集中審議で、小野寺五典元防衛相の質問に答弁する安倍晋三首相。右は麻生太郎副総理兼財務相=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の集中審議で、小野寺五典元防衛相の質問に答弁する安倍晋三首相。右は麻生太郎副総理兼財務相=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 しかし、まさに『李下に冠を正さず』であります。私の友人が関わることについて、疑惑の目が向けられている。これがもっともなことであるということは先ほど申し上げたとおりでございまして、果たしてどういうプロセスを経れば、国民の皆さまに納得していただけるかという観点についてもわれわれはしっかり考えていかなければいけないと思います。

 一つはこのプロセスについては諮問会議、あるいはワーキンググループ。さらには事業者を選定していく分科会。これはもう、透明に行われている。フェアな議論が行われています。事業者の選定においては、文部科学省の推薦した専門家も入って議論して、進められてきたものであります。議事録も公開されている。しかし省庁間の交渉においては、これは当事者しか知らない。第三者が入っていないものでありますから、いわば、言った言わないの議論になっている。そこをどうするか。この運用のプロセスについて強化していくことについては考えていかなければいけないと考えています」

 小野寺氏「国会や報道でいろいろされているが、一番中立である、例えば、ワーキングチームの座長の八田さんから一点の曇りもないという話があった。そして、加計学園と競合した京産大は『不透明な決定とは思わない。納得できない部分も特にない』。京都府知事も『われわれとしては努力が足りなかった』などといっている。競争相手も適正だと言っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調
  • 安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調
  • 安倍晋三首相「省庁間交渉は当事者しか知らず『言った、言わない』になっている」 加計学園選定プロセスは適正だったと強調

関連ニュース

「ニュース」のランキング