産経ニュース

【仙台市長選】「チームワークで野党が上回った」 民共共闘に弾み 蓮舫氏は求心力回復なるか

ニュース 政治

記事詳細

更新

【仙台市長選】
「チームワークで野党が上回った」 民共共闘に弾み 蓮舫氏は求心力回復なるか

仙台市長選で当選が決まり支援者と握手する郡和子氏(上)。落選が決まり、頭を下げる菅原裕典氏=23日夜 仙台市長選で当選が決まり支援者と握手する郡和子氏(上)。落選が決まり、頭を下げる菅原裕典氏=23日夜

 野党は、郡和子氏が与党系候補を下したことは安倍晋三政権への厳しい評価が下ったとして勢いづき、次期衆院選に向けて“民共共闘”が加速しそうだ。

 ただ、民進党は東京都議選で敗北し執行部が責任を問われる事態になっている。蓮舫代表は25日の両院議員懇談会で野田佳彦幹事長の交代を含む人事刷新を表明する意向だが、仙台市長選の勝利をきっかけに求心力を少しでも回復させ、党運営の主導権を握れるかどうかが問われる。

 仙台市長選では、都議選で議席を伸ばした共産党が改めて存在感を示した。民進党の安住淳代表代行は23日夜、仙台市の郡氏の事務所で「自民党支持層からも政権批判票が郡氏に来た」と述べたほか、「共産党の支持層もまとめ、チームワークで野党が上回った」と“民共共闘”の成果を強調した。

 民進党は自民、公明両党が推薦する現職に野党系新人が挑む横浜市長選への追い風にしたいところだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「チームワークで野党が上回った」 民共共闘に弾み 蓮舫氏は求心力回復なるか

「ニュース」のランキング